言語を学ぶのが難しい3つの理由

  • 世界中で使用される言語には、何百、何千という音が存在します。個々の言語は、大体20₋50の音を使用します。そのため、新しい言語を習い始める時、馴染みのないたくさんの音に直面する可能性は高いです。その言語におけるトレーニングが足りないと、耳は「新しい」音をかろうじて認識できる程度です。
  • わたしたちが話すとき、一つ一つの単語を別々に言ったりしません。音の流れで一緒に発音します。単語のはじめや終わりがはっきりしていないと、個々の単語を別々に別けるのは難しいです。
  • お子様が話し始める頃は、試しと失敗から言語の基礎となるルールを推測しなければいけません。そして、もちろん繰り返すことでも学びます。たくさんの繰り返しが必要です!そう考えると、7歳以降は自分の第一言語のみ流暢になるというのは驚きではありません。

だからChatterboxのユニークな学習法には以下のポイントが含まれています:

  • 年上のお子様がネイティブ言語を話すビデオを通じ、ただ聞くだけでなく、単語が発音されているのを目で見る
  • お子様の知識を試し、記憶力向上を手助けするための繰り返しを用いた楽しいゲーム
learning strategies

やりがいがある理由がまだまだたくさん!

第二言語をお子様に教えるのは、第一言語の発達に影響を及ぼす可能性があると一世代前までは思われていました。この件に関しては、世間の意見が劇的に変わりました。現在では、バイリンガルのお子様が新しい言語を学びだしても、その子の言語能力には影響はないとほとんどの人が思っているようです。最初は遅くとも、新しい言語を学ぶことで、その人の思考力や社交能力、教養力を発達させます。

第二言語を学ぶことは以下の利点があると言われています :

幼少期の思考力アップ :

長期戦でのアルツハイマー防止:

  • 5歳児のお子様を育てる上で、第一に考えることではないでしょうが、親御さん自身の言語学習への意欲が高まるのでは。

仕事場での有利な点 :

  • 他の言語を学ぶことで仕事でのたくさんの機会につながり、選択肢も広がります。
  • 多くの人にとって、言語学習は家族の絆や、家系へのつながりを深めます。
  • なんと言っても、新しい言語と文化を学ぶということは単純に、豊かな人間性を備えさせてくれますし、クリエイティブにさせてくれます!

最も良いのは、流暢にならなくても、親御さんまたはお子様のためになることは間違いないです。言語学習は、脳のトレーニングと精神のトレーニングにもなりますよ!