外国語学習が難しい3つの理由

  • 世界で話される言語全体で何百、何千もの音が存在します。それぞれの言語は、その中から20から50の音を使います。新しい言語を学ぶと、普段は使わない音がたくさんあることもあります。新しい言語を十分に習得していない時は、耳が「新しい」音を聞き分けられないのです。
  • 普通に話す時は、ひとつひとつの単語を分けては話しません。ひとつの流れとして話します。言葉の最初と最後がはっきりしないため、個々の単語に分けるのが難しいのです。
  • 子供がしゃべり始める時は、試し失敗して言葉の基本ルールを推測していきます。もちろん、なんどもなんども反復して学びます!やっと7歳になると、母国語を流暢に話せるようになるのはそのためなのです。

独特な学習方法

  • 年上の子供がネイティブ言語で話すビデオをみて、ただ聞くだけでなく、単語が発音されているのを目で見る
  • 子供のレベルをテストし、記憶力アップのために、ゲームに反復を導入
learning strategies

アプリが効果的な理由

以前は、子供に早いうちから外国語を教えると、母国語の発達に悪影響を与える可能性があると思われていましたが、世論は大きく変わりました。バイリンガルの子供たちが他の言語を学んでも母国語の能力には悪影響がないと言われています。当初は発育が遅くても、新しい言語を学ぶことで認知的、社交的、文化的な発育を促します。

第二言語を学ぶことは以下の利点があると言われています :

幼少期の認識力の利点:

  • いくつかの研究によると、2ヶ国語以上の言語を習う乳児は、早い段階から集中力が発達し、早期に多角的観点を自覚し、数学力のめばえがみられます。

認知症への長期対策

  • 5歳児の教育を考える時に最初に頭に浮かぶことではないにしても、自分も外国語を習得したいという気持ちを強めます。

仕事上の利点:

  • 外国語習得が仕事の機会をひろげる。
  • 言語が学ぶことで、家族の絆を強めたり、自分のルーツとつながる。
  • 新しい言語を学び、新しい文化を見出すことで、自分が豊かになり、創造力が高まる。

完全に言語をマスターしなくても親にも子供にもメリットがあります。言語学習は脳と精神のトレーニングになります!