子供とテクノロジー

Young for technology

幼い子供が電子メディアを使うことに不安を感じる親御さんもいると思います。しかし、現代社会では電子メディアは生活の一部になっているので、その正しい使い方を学ぶことは子供の発育にとって大事であるとリトル・チャッターボックス社は考えています。

子供にとって、年がいくつでも、テレビやインターネットよりインタラクティブなアプリの方が良い内容の教育を提供できると、弊社は自負しています。画像や動画を駆使し、ゲーム方式での学習やミックス・メディアを使えるアプリは、とても楽しく教育体験をすすんでやるようになります。

ただし、アプリの使い方には注意されることをお勧めします。

  • 決められた時
  • 限定された時間
  • 楽しい教育コンテンツの提供
  • ネットや有料追加コンテンツへのアクセスが不可能

アプリを積極的学習(インタラクティブな語学学習アプリのような知育アプリなど)に使うのと、受動的消費(アニメを見るなど)に使うのは、大きな違いがあると弊社は考えています。多くの親御さんは、画面を使ってのエンターテイメントが家族生活の中でとても役にたっていると思っています。子供に何かを見せるのを許可するならば、学べる内容の方が良いのではないでしょうか。

また、子供と大人が一緒にリトル・チャターボックスを使うと非常に効果があります。キーワードを一緒に学び、楽しいゲームを通じ、子供が自分が学んだことを披露したら新歩を褒めてあげ時間を共有するのは、子供に画面をみせるだけよりも効果が高く楽しいものです。家庭生活の一部にアプリが溶け込んでいくことを望んでいます。

リトル・チャターボックスはオフラインアプリです。アプリ使用中、インターネットに子供はアクセスできません。より安全であり、クリックひとつであまり好ましくない内容のサイトに簡単にアクセスできるインターネット上の教育ビデオを見せるよりもずっと安心です。