なぜ言語学習をお子様におすすめするか

言語を学ぶことに関しては、年齢が低ければ低いほど良いと一般的に認識されています。その理由と?

身体能力

まず、小さいお子様のほうがただ単に聞く能力に優れています。赤ちゃんはどんな言語のどんな音も聞き分けられる能力を持って生まれます。この能力は、1歳を過ぎると著しく減少し、7歳ほどで完全になくなってしまうと推測されています。この時期を過ぎると、ネイティブレベルの言語能力を身につける可能性は、格段に下がります。

しかし、7歳に到達する前でも音・文法的構造を分析し再現する能力は減少し続けます。2歳の子どもが外国語の音をほぼすぐに真似できるのに対し、4歳の子どもが真似できるまでには時間ともっと単語にさらされることが必要になるかもしれません。

興味VS羞恥心

さらに、小さなお子様をお持ちの方はお分かりになるかと思いますが、小さなお子様の興味と知識に関する貪欲さはかなりのものです。5歳の子どもはすでに「外国」語を拒否するかもしれませんが、2歳の子は大抵何を学ぶにも熱心です。小さなお子様のほうが、間違いを恐れないということもあります。

子どもはどのように言語を習得するの?

言語のカギ

BALL

TEDDY

小さなお子様は、はじめ見て指さして言語を学び理解します。お子様が理解できる環境におけるものを目にし、同時にそれに対する言葉を耳にします。例えば、「テディベア」、「お腹すいた」などです。

このようにすることで、お子様は目に見えて単語を覚えていきます。しかし、もっと重要なことは、お子様は耳にする音の流れを読み取るためのカギを構築していきます。単語の初めと終わりを検出し、他の単語とどのように合わさるかに気づくことができます。例えば、「食べる」の前には「トマト」が来る、といったようなことです。そして、どのようにパターンが繰り返されるかを理解します。

このようにしてお子様が初めて使う単語は、他の言語が構築されるアンカーポイントとなります。これらの単語を我々は「キーワード」と呼んでいます。この「キー」を学ぶと、推測と繰り返しを通じて文法システムが理解できるようになります。

If your child is still learning the key words in their main language (usually aged under 3) why not use Little Chatterbox in bilingual mode? This will enable them to learn their second language concurrently with their main one.

Little Chatterboxアプリの特徴

q2

Little Chatterboxは小さいお子様に最初のキーワードを教えることによって、その言語へさらされることを助け、言語の習得を促進させます。繰り返しは、ゲームルティーンの中に組み込まれ、お子様がより早く単語を習得することを助けます。

Little Chatterboxアプリでは、幼児や未就学児が第一言語と同時に、第二言語を学ぶことができるユニークなバイリンガルモードもあります。

 

子どもと言語に関する更なる資料

こちらには子どもと言語教育に関してもっと知りたい方へ、記事やリンクを集めました。

  • 赤ちゃんの天才的言語力に関する素晴らしいTEDトーク
    TEDトーク