子供に外国語を学ばせるのはなぜ?

幼いうちから言語学習を始めば始めるほど良いといわれています。その理由は?

身体能力

幼い子供の聴力は高いです。赤ちゃんは生れながらにして、どんな言語のどの音も聞き分けられる能力を持っています。この聴力は1歳を過ぎると大きく減退し、7歳でなくなると言われています。その時期を過ぎると、ネイティブレベルで言語を話せるようにはなかなかなれません。

7歳以前でも、音や文法を分析し再生する能力は減退していきます。2歳児は外国語の音をすぐさま真似できますが、4歳児は真似をするのに時間がかかり、何度もその音を聞かなくてはいけません。

好奇心と羞恥心

幼い子供たちは好奇心が強く、学びたいという気持ちが大きいです。5歳児は、すでに「外国語」に拒否反応をしめしますが、2歳児はなんでも学びたいと思っています。幼いうちは間違いをすることを恐れません。

子供はどのように言語を習得する?

言語習得のコツ

BALL

TEDDY

指差さされたものを見ることで幼い子供は言葉を理解していきます。「くまのぬいぐるみ」や「お腹すいた」という言葉のように、単語を聞き、自分の周りにあるものをみせられて、わかるようになります。

そのようにして子供は言葉をどんどん覚えていきます。聞こえる音の流れを解読して、学ぶコツを覚えていきます。単語のはじめと終わりの部分がわかるようになり、他のことばとの関係性もわかってきます。例えば「トマトを」の後には「食べる」がくる、といったようなパターンが何度も繰り返されるのです。

子供が最初に使うこのような単語は、言語知識を構築していく上で重要ポイントになり「キーワード」となります。この「キーワード」を習得すると、推測して反復することで文法が少しづつわかるようになっていきます。

If your child is still learning the key words in their main language (usually aged under 3) why not use Little Chatterbox in bilingual mode? This will enable them to learn their second language concurrently with their main one.

Little Chatterboxアプリの特徴

q2

幼い子供は、リトル・チャターボックスで最初のキーワードを覚えていきます。そのあと言語に触れていくと、習得がはやくなります。ゲームでキーワードが反復され、子供はキーワードを早く覚えられます。

リトル・チャターボックスのアプリは、幼児と未就学児が母国語と二番目の言語を同時に覚られる独自のバイリンガル設定もあります。

 

子供と言語教育のリンク

子供と言語教育について詳しく知りたい方のために、記事・リンクをまとめました。

  • 乳児の卓越した言語能力についてのテッドトーク
    TEDトーク